小児科・耳鼻咽喉科・内科
ヒロクリニック
〒211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東1-826 1階
           
 TEL:044-433-0111

花粉症

花粉症とは

花粉症の原因となる植物は数多く存在しますが、有名なのは、スギ花粉症、ヒノキ花粉症、ブタクサ花粉症などです。花粉症はこれらの植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされる、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの一連の症状を伴うアレルギー症候群のことをいいます。

発症が、花粉の飛散時期に一致して起こるため、季節性アレルギー性鼻炎に分類されます。これに対し、ダニなど1年中おこるものは通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれます。花粉症の原因は抗原抗体反応によるもので、鼻腔内に入ってきた花粉を排除しようとする免疫反応により、鼻水、鼻づまり、くしゃみ等の症状が起こります。

関東地方の花粉を飛散する植物とその花粉症時期は、スギ(2~4月)、ヒノキ(3~5月)、ハンノキ(3~4月)、イネ科カモガヤ(4~6月)、ブタクサ(8~10月)、ヨモギ(8~9月)、カナムグラ(8~10月)などです。


症状

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみの4症状を、花粉症の4大症状といいます。通年性アレルギー性鼻炎との症状の違いについては、鼻の症状はほとんど同じですが、花粉症ではさらに、目、耳、喉のかゆみ、皮膚の荒れ、頭重といった症状が加わります。

全身症状としては、身体がだるい、熱っぽい、イライラする、喉や顔、首がかゆい、集中力が低下するなどです。鼻汁が喉の奥に流れるのを後鼻漏といいますが、これが原因で、喉がイガイガしたり、咳や痰がでることが有ります。後鼻漏が気道に入ると気管支炎の原因ともなります。細菌が副鼻腔に入り、副鼻腔炎を合併することもあります。副鼻腔炎に罹患すると鼻汁が粘度の高いものとなり、時に黄色く着色し、眉間や頬などに鈍痛を訴えることがあります。花粉症性皮膚炎として、目の周辺や、首まわりなどに皮膚炎症状が多く見られます。アトピー性皮膚炎の患者は、花粉症の時期にかゆみが増すことが知られています。

風邪との違いは、花粉症の鼻汁は水のように透明でサラサラしており、目と鼻にかゆみを併発することが特徴です。さらに、1週間以上鼻水やくしゃみが続き、1日中くしゃみが止まらないことも有り、目がかゆくて涙がでることもしばしばです。臭いや物の味が判りにくいことも度々有ります。鼻風邪の場合は、数日のうちに鼻汁が粘性の高いものになり、さらに黄色に変化します。花粉症は、外出すると花粉が多く飛散しているため、屋外の方が症状がより強く出る特徴が有ります。スギや、ヒノキ花粉の場合、花粉粒子径が大きいため、鼻粘膜に留まりやすく、下気道への影響は少なく、鼻水やくしゃみが代表的な症状ですが、秋の代表的花粉症であるブタクサの場合、花粉の粒子が小さいため、気管に入って喘息のような症状を引き起こしやすいとされます。


原因

鼻の症状を引き起こすメカニズムとしては、抗原である空気中に浮遊するスギ、ヒノキ、イネ等の花粉が、鼻から侵入し、鼻粘膜に付着すると、鼻の細胞内のマスト細胞に花粉が付着し、次に、マスト細胞から、ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体と結合し、鼻の神経や血管を刺激して、アレルギー反応を引きおこすことで、説明されます。

目の症状を引き起こすメカニズムも同様に空気中に浮遊する花粉が、目から侵入し、目の粘膜に付着すると、目の細胞内のマスト細胞に花粉がくっつき、ヒスタミンなどの物質が放出され、放出されたヒスタミンなどが目の神経や血管を刺激して、目の充血、かゆみ、涙などの諸症状が発症します。

花粉症のアレルゲンは、日本では50種類もの原因花粉が知られており、スギ、ヒノキ、ブタクサをはじめ、シラカンバ、ブナ、ハンノキ、ケヤキ、ヨモギ、カモガヤ等が代表的植物です。

花粉症を発症する人は、遺伝的にアレルギー体質であることが言われていますが、有病率は徐々に増加傾向です。これは、一般的には食生活の欧米化に伴う体質の変化が挙げられています。国内のアレルギー性鼻炎の有病率は約40%で、花粉症によるアレルギー性鼻炎の有病率は約30%と言われており、近年も増加中です。


予防

日常生活での予防は、花粉症の場合、晴れた日や風の強い日の外出をなるべく控えます。

外出時にはサングラス、メガネ、マスク、帽子そしてツルツルとした花粉が付きにくい服装を心がけましょう。帰宅時には、まず屋外で花粉を払い落とした後に家に入ります。うがい、洗顔、洗眼なども忘れずに。なるべく窓や戸を閉めて花粉の侵入を抑えましょう。

自律神経を乱す睡眠不足や不規則な生活、そしてストレスも原因と言われています。

日頃から体調を整え、過労、ストレスを避け規則正しい生活を心掛けることも大切です。1回のうちで最もつらく感じる時間帯は起床時とする方が最も多くいます。朝の発作的鼻炎の症状をモーニングアタックと呼び、多くの人が朝の時間帯にひどい花粉症症状に悩まされている事がわかってきました。主原因としては、起床時に自律神経が副交感神経優位から交感神経優位の状態に切り替わる事によって、一時的にバランスが乱れて鼻が刺激過敏になるためと考えられています。モーニングアタックを軽微にするため、睡眠時に花粉を吸い込まないよう寝具もこまめに清掃し、布団は布団乾燥機などを利用して花粉シーズンは外に干さない工夫をし、空気清浄機をかけて、室内での花粉の飛散を極力少なくしましょう。


検査

鼻鏡検査:鼻の視診検査で、鼻の粘膜の状況と鼻水の性状を観察します。スギ花粉症では鼻の粘膜が薄赤に腫れ、また、ハウスダストが原因のアレルギー性鼻炎では蒼白に腫れることが確認されます。黄色い鼻汁であれば副鼻腔炎が疑われますのでレントゲン検査が必要となります。

鼻汁好酸球検査:鼻汁を採取し、スライドグラスに載せた鼻汁を染色して顕微鏡で観察し白血球の一種である好酸球の増加の有無を観察します。鼻水の好酸球が増加していればアレルギー性鼻炎の可能性が高まります。

内視鏡検査:専用スコープで鼻の粘膜状況を観察します。アレルギー性鼻炎では、粘膜が全体的に腫れあがって、白っぽく見え、透明の鼻汁が見られます。

血中好酸球数:正常値より高ければ、アレルギー性疾患の可能性が高くなります。

総IgE:血中総IgEを測定し、アレルギー性疾患であるかを判断します。

特異的IgE抗体検査:採血して特定の物質(抗原)に、どれくらいの強さでアレルギーを持っているかを調べます。鼻炎の原因物質の特定につながります。

皮膚試験:プリックテストでは針で傷つけた皮膚に抗原溶液をたらし、15分後に同部の腫れ赤みの有無を判定します。

鼻粘膜誘発試験:鼻の中の奥の粘膜に抗原の成分をみ込ませた紙を乗せ、くしゃみや鼻水を誘発するか確認するテストです。5分以内のかゆみ、くしゃみ、鼻汁、鼻閉が有れば陽性です。


診断

問診で、具体的症状、発生する時期、合併症、アレルギー既往歴、過去の治療歴、職業、家族のアレルギー歴などを聞きます。鼻鏡検査や鼻汁好酸球検査を行い、アレルギー性鼻炎であるか否かを診断します。必要であれば、アレルギーの原因の特定すべく、採血して特異的IgE抗体検査を行います。


治療法

抗原の除去

花粉情報に注意し、飛散の多い時期はできるだけ外出を避けましょう。なるべく窓や戸を閉める。外出時には花粉防御用マスクや眼鏡を身に着ける。毛織物は花粉が付着しやすいので避ける。帰宅時は衣服、髪から花粉を払い落とす。入室したら、手洗い、うがい、洗顔して、鼻をかむなど気を付けましょう。


減感作療法

(1)注射:週1~2回の注射を少なくとも半年から1年間続けます。有効率は約70%です。

(2)舌下免疫療法:ダニもしくはスギアレルギー患者に対し、行われます。治療薬を舌の下に置き、定められた時間保持した後飲み込みます。


薬物療法

(1)抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤:ロイコトリエン受容体拮抗薬が良く使われます。症状を引き起こす抗原(スギ、ヒノキなど)の働きを抑える働きが有ります。

(2)血管収縮剤:鼻汁、鼻閉の改善が目的の点鼻薬ですが、長期使用では、下鼻甲介粘膜の薬剤性肥厚を引き起こし、逆に鼻閉が悪化することが有ります。

(3)ステロイド点鼻薬:鼻の粘膜の炎症を抑える働きが有ります。長期使用でも副作用はほとんど有りません。


手術療法

レーザー手術、下鼻甲介形成術、後頭神経切断術などが有ります。


当院で対応可能な疾患

小児科

小児の感染症(インフルエンザ、胃腸炎、RS、ヒトメタニューモ、アデノ、溶連菌、水痘など)、小児の皮膚疾患(アトピー、乾燥肌、湿疹など)、小児喘息、発達障害、夜尿症など

耳鼻咽喉科 

花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、耳垢、ちゅうじ・外耳炎、耳鳴、睡眠時無呼吸症候群、めまいなど

内科

インフルエンザ、風邪、胃腸炎、高血圧、糖尿病、高脂血症、気管支喘息、肺気腫、慢性胃炎、胃潰瘍、逆流性食道炎、ピロリ菌、不眠症、自律神経失調症、痛風、更年期障害、甲状腺疾患、脳梗塞後遺症など

その他の疾患

腰痛症、骨粗鬆症、変形性膝関節症、50肩、ガングリオン、尿道炎、クラミジア感染症、湿疹、皮膚掻痒症、水虫など


在宅医療の実施

対応可能な医療の内容は以下の通りです。

在宅酸素療法

褥瘡(床ずれ)の管理

睡眠時無呼吸症候群の治療

在宅自己注射の指導・管理