小児科・耳鼻咽喉科・内科
ヒロクリニック
〒211-0068
神奈川県川崎市中原区小杉御殿町2-53-3 2階
             TEL: 
044-733-6206

2018年12月1日開院いたしました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

診療時間

【月・火・水・金】

午前   9:00~12:30

午後 15:00~18:30

【土】

午前   9:00~12:30

【休診日】

木、土午後、日、祝

トピックス

4月1日

不眠症対策

かねてから、厚生労働省は医療機関に対して、『不安と不眠に係る適切な投薬』を求めてきましたが、2019年4月からはより一層慎重な投与が必要とされる流れになっています。

一言でいうと、漫然と1年以上の投与がなされないようにとのことです。
主にベンゾジアゼビン系睡眠薬が対象となっていますが、将来、対象薬品が広がりを見せる可能性もあります。

アメリカ、イギリスではバルビツール系の薬剤は麻薬として規制されていますが、日本での規制は緩く、その消費量は、世界トップクラスにあります。
このような世界の情勢も厚生労働省を動かす背景になっているようです。


3月20日

花粉症真っ最中。

今年の花粉は昨年の猛暑の影響もあって
花粉量が例年の5~6倍と言われ、昨年よりも症状がヒドイという方が多く見られます。
ここ川崎地区では、今週初め(3月17日頃)よりヒノキの花粉も本格的飛散が始まったようです。
スギにもヒノキにも共にアレルギーを持つ人は、一般にヒノキの症状の方が強いようです。さらに3月下旬からは、イネ科植物の、カモガヤ、ハルガヤの花粉が飛び始めます。
今からでも治療は可能です。

小児科

言葉が遅れている?

言葉の発達

平均的な言葉の発達は大まかに次のようです。

0歳
「アーアー」「ウー」「・・・ク」など、話し言葉の元となる声を出し始めます。
これは喃語(なんご)ともいい、言葉の発達の上で、非常に重要な意味を持ちます。

1歳
発音の簡単な「ママ」「パパ」や、鳴き声をまねした「ワンワン」「ブーブー」といった言葉を言い始めます。盛んに大人の言葉を聞いて、模倣する時期です。
これを始語(しご)と呼びます。

2歳
「ママ・ダッコ」「オオキイ・ワンワン・キタ」のように、言葉を二つ以上つなげて話しをするようになります。また、今まで「ブーブー」と言っていたのものが、「バス」や「パトカー」になるほど、少しずつ大人の言葉を獲得していきます。

赤ちゃんの言葉の発達には個人差があり、特に男の子は言葉を発するのが遅い子が多い傾向に有ります。
3歳くらいまでは、基本的に言葉を発しなくても心配はいりませんが、平均よりも遅いと気になるものです。

難聴

難聴などの耳鼻科的な問題や、発達障害など神経の問題に原因が隠れている可能性もあります。

発達障害

発達障害には、注意欠如・多動性障害、自閉症、アスペルガー症候群、学習障害などが含まれます。発達障害の幼児は、その疑いを含めると、全幼児の10%くらいに及びます。
早めの幼児の療育、親への支援が親子の生活の質を向上させます。
少しでも気になる方は、お気軽に、受診なさってください。

咳が長引いてる。何?

気道過敏

幼児で咳が、1か月、2か月も続くことがあります。
薬を服用してもあまりよくならず通院を続けた経験のある方は、たくさんいらっしゃいます。
子供は元々咳の反射が強いこと、また、痰を上手に出せないなど、色々な原因で長引いてしまいます。
気道の炎症が強くなると、しばらくは、気道が敏感な状態となってしまいます。
気道敏感な状態が続く間は、冷たい空気や、乾燥した空気、運動などの刺激で直ぐに咳き込んでしまいます。
この様に気道敏感で咳が長びく子供の一部に、喘息体質が隠れている可能性もあります。
気道が敏感な状態に起こる咳を、咳喘息ともいいますが、
このような症状の時に、喘息を改善する薬を使うと、気道の過敏な状態を、早く元に戻す作用により、咳が落ち着いてくることも多いのです。 

副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎

一方、副鼻腔炎を発症している子も、咳は長引く傾向に有ります。
鼻のアレルギーにより鼻の奥がグジュグジュしており、副鼻腔に溜まった膿が、喉奥に下りてくると、咳き込みやすくなります。
こういった場合は副鼻腔のレントゲンを撮り、鼻の中を観察することにより、診断がつき、治療することができます。
また、アレルギー性鼻炎で鼻が詰まって、口を開いて寝ているお子さんも、喉の炎症が長引く傾向があります。
鼻炎の薬と、鼻の処理で多くは改善していきます。

感染症

ウイルスや、細菌感染でも咳は長引きます。
病原体として大事なのが、マイコプラズマと百日咳です。
特にマイコプラズマは、肺炎を起こしやすく、周囲の人にも感染しやすくなります。
肺炎の有無は、胸のレントゲン写真で診断がつきます。また、マイコプラズマ、百日咳の有無は採血によってわかります。
喘息系なのか、耳鼻科系なのか、それとも感染?
少しでも気になる方は、お気軽に、受診なさってください。

クリニック案内

医院名
ヒロクリニック
院長
廣澤 彰
診療科目
小児科・耳鼻咽喉科・内科
住所
〒211-0068
神奈川県川崎市中原区小杉御殿町2-53-3 2階
電話番号
044-733-6206
診療予約はこちら

対応している携帯で読み取ると、診療予約サイトに接続できます。

診療予約はこちら