小児科・耳鼻咽喉科・内科
ヒロクリニック
〒211-0068
神奈川県川崎市中原区小杉御殿町2-53-3 2階
             TEL: 
044-733-6206

2018年12月1日開院いたしました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

診療時間

【月・火・水・金】

午前   9:00~12:30

午後 15:00~18:30

【土】

午前   9:00~12:30

【休診日】

木、土午後、日、祝

トピックス

4月1日

不眠症対策

かねてから、厚生労働省は医療機関に対して、『不安と不眠に係る適切な投薬』を求めてきましたが、2019年4月からはより一層慎重な投与が必要とされる流れになっています。

一言でいうと、漫然と1年以上の投与がなされないようにとのことです。
主にベンゾジアゼビン系睡眠薬が対象となっていますが、将来、対象薬品が広がりを見せる可能性もあります。

アメリカ、イギリスではバルビツール系の薬剤は麻薬として規制されていますが、日本での規制は緩く、その消費量は、世界トップクラスにあります。
このような世界の情勢も厚生労働省を動かす背景になっているようです。


3月20日

花粉症真っ最中。

今年の花粉は昨年の猛暑の影響もあって
花粉量が例年の5~6倍と言われ、昨年よりも症状がヒドイという方が多く見られます。
ここ川崎地区では、今週初め(3月17日頃)よりヒノキの花粉も本格的飛散が始まったようです。
スギにもヒノキにも共にアレルギーを持つ人は、一般にヒノキの症状の方が強いようです。さらに3月下旬からは、イネ科植物の、カモガヤ、ハルガヤの花粉が飛び始めます。
今からでも治療は可能です。

耳鼻科

聞こえが悪い?

耳道に水が溜まる

鼻の奥にある上咽頭と中耳は耳管を介して空間的につながっています。
この時間に浸出液が貯留すると滲出性中耳炎になります。
滲出性中耳炎になると、耳閉感と呼ばれる、耳の中に水が溜まっている感じや耳が詰まっている感じなどの症状が現れます。
大人であればこれらの症状を自覚することは容易ですが、
小児、特に乳幼児は正確に症状を表現することができません。
そのため、テレビの音が大きい、呼んでも返事をしないといった症状で発見されることもあります。
原因は鼻すすり、アデノイド肥大、副鼻腔炎など多岐にわたります。
これらの症状に当てはまる方は、耳の中、鼻腔を観察することが必要です。
お気軽にご相談ください。

耳垢

高齢者と耳の小さい子供は耳垢を排出する力が弱くなっており、耳垢が溜まりやすい状況にあります。
耳垢が耳道を塞いでいる場合は、聴力は低下します。認知症のある高齢者の場合、耳垢を取ると聴力が改善されるだけでなく、認知機能も改善されたことが多く報告されています。
乳幼児の場合は、耳道も細く、耳垢を取ろうとすると、泣く・暴れるなど耳の中を傷つける心配も大きく、来院されて、安全に取ることをお勧めします。

聴力検査

オージオメーターを使い、伝音性難聴、感音性難聴の有無を調べます。
異常値が出た場合、
1.中耳炎
2.先天性難聴
3.耳下腺炎
4.ウイルスの感染
5.聴神経腫瘍
なども疑われます。
なるべく早く、聴力低下を見つけ、日常生活の安全を守り、かつ早期に病気を発見し、また予防するために有意義な検査です。

めまいがする。何?

原因

めまいとは「目が回る」「目がくらむ」といった症状のことを指します。
めまいを引き起こす疾患は多岐にわたります。
中でも、激しい頭痛、手足の麻痺を伴う場合は脳疾患も疑われますので、緊急の対処を必要とします。
身体の平衡感覚、位置認識は、脳や耳、循環器、首などが複雑に相互作用をしながら行われています。
そのため、これらの位置の認識に関わる部分のいずれかに異常がある場合にめまいが生じます。

脳が原因

脳の異常により起こるめまいは、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血、脳梗塞などの病気が原因として挙げられます。

耳が原因

耳は聞こえに関しての機能を果たすだけでなく、平衡感覚も担う重要な臓器です。
そのため耳に異常がある場合にもめまいが生じます。
具体的には、最も多いのが、良性発作性頭位めまい症で、ほかにメニエール症、前庭神経炎などもあります。

首が原因

首が原因になるものとしては、筋緊張性頭痛や頸椎椎間板ヘルニアなどの整形外科領域の疾患が挙げられます。

血圧が原因

過度の高血圧は脳の循環に異常をきたしめまいの原因となることがあります。
一方、血圧が低い場合には、脳への供給酸素量が低下し、めまいを起こすこともあります。

鼻が詰まって苦しそう。どうする?

幼児の鼻づまりの原因

鼻詰まりしやすい大きな原因は
1.鼻の中が狭い
2.自分で鼻をかめない
3.鼻毛がない
などです。
乾いた空気の中では、大きな鼻くそが出来やすく、これも鼻詰まりの原因になります。
細いベビー綿棒で傷つけないように取ってあげるのも良いでしょう。

鼻がかめない赤ちゃんの鼻水対策

水っぽい鼻水がある場合、市販の鼻水吸い器を使用することもできます。
やりすぎるとかえって鼻粘膜を傷つけ鼻詰まりを悪化させることがあります。
取れない場合は、耳鼻科用吸引器スプレーで良くなります。
吸入薬の煙を吸う治療で分泌液をサラサラにする治療によりさらに効果が上ります。

飲めなくて機嫌が悪い

赤ちゃんが鼻詰まりになると、おっぱいやミルクが上手に飲めなくなり
機嫌が悪くなることがしばしば見受けられます。

アレルギー性鼻炎

度々透明な鼻水が出るようなら、アレルギー性鼻炎の疑いがあります。
アレルギー性鼻炎の赤ちゃんはハウスダストや花粉などのアレルゲンが鼻の粘膜に触れるだけで鼻腔内に炎症が起き、鼻水、くしゃみ、鼻詰まりなどの反応が出てしまいます。
必要に応じて治療と、アレルギー検査を受けましょう。

副鼻腔炎

鼻水の色が、黄色や緑色の鼻水を垂らしている場合、副鼻腔炎の可能性もあります。
体内で白血球が細菌と戦った後の死骸が鼻水に混じると、色がつくことが多いのです。
鼻の処置と薬を飲めば、楽になってきます。

中耳炎に注意

鼻と耳をつなぐ管を耳管といいますが、大人は耳管に角度がついているため鼻から耳に膿が流れることは少ないのですが、子供や赤ちゃんは耳管が水平に近く、鼻水があると逆流して中耳炎になることが多いのです。
子供や赤ちゃんはよっぽど炎症が酷くならないと訴えがありません。
風邪の診察時には耳の観察も必要です。

クリニック案内

医院名
ヒロクリニック
院長
廣澤 彰
診療科目
小児科・耳鼻咽喉科・内科
住所
〒211-0068
神奈川県川崎市中原区小杉御殿町2-53-3 2階
電話番号
044-733-6206
診療予約はこちら

対応している携帯で読み取ると、診療予約サイトに接続できます。

診療予約はこちら